この度シャイン・オン!キッズが、小児がん経験者と今、入院している仲間も含めて交流できるサイトを立ち上げようということで「小児がんから繋がる」をテーマに「Shine On! Friends シャイン・オン!フレンズ」 という名前でウェブサイトをオープンしました!

小児がん経験者が持っているそれぞれの体験談や想いというのもサイト内で募集をしておりますが、企画の一つとして、小児がん経験者が、社会で何かの活動をしている小児がん経験者にインタビューを行います。

前回は、お金やお仕事について伺いました。
今回は、それらと同じくらい大切な『体と生活スタイル』の話
どんな方法で、向き合ってきたのでしょうか。

プロフィール

楠木 重範(医師)
1974年生まれ。奈良県出身。
中学2年生のときに、小児がんの一種「悪性リンパ腫」を発症。合計約3年の闘病生活の後、治癒する。
1999年小児科医になり、大阪大学医学部附属病院小児科に入局。
2006年医療者、患者家族などと「がんになっても笑顔で育つ」をスローガンにチャイルド・ケモ・ハウス活動を開始。
2013年日本初の小児がんの子どもと家族のための家族滞在型療養施設を開業。
2021年7月チャイルド・ケモ・ハウスの活動を退く。
2021年8月全ての子ども・若者が自分の人生を肯定できる社会を創るためTEAM NEXT GOALを立ち上げる。

[サバ×サバ インタビュー第4回はこちら]

6.「新しい生活ススタイルと私たちの体」

さき
さき

では、次の質問に行きたいと思います。
先生は(お仕事で)神戸と大阪を行ったり来たりしてると思うんですけど、先生は通勤が体力的にしんどかったことはありますか?
通勤が体力の問題で難しい時は、会社に相談できるし、そんな雰囲気も必要なことを訴えたいということで、この件について伺いたいと思います。

楠木
楠木

僕個人の事だけで言うと、体力的には大丈夫でしたけどね。でも仕事の課題はめちゃくちゃあると思いますよ。しかも今の時代、仕事自体もわからへん時代になってますもんね。なんていうか、そもそも何があるかわからへん時代になっていて、「これからの子どもは大変やな」て思ってるんよね。理想論だけで言えば、『朝、自分にとってちょうどいい時間に出勤して、成果さえあげたらそれで良い』っていうことがもっと言われてくれば、みんなにとっていいことだと思うな。
今、まさにコロナの状況で在宅勤務で、『実はみんなが揃って会社にいかんでも、在宅勤務でほとんど仕事回ってるやん!』みたいなこともわかってきましたよね。その感覚をずっと残して続けて欲しいなって正直思ってますけど。

さき
さき

私も「通学、通勤がしんどいなぁ」って先生に相談したら、「家でできる仕事探したら」って言われて自分で準備したりしてるんですけど、コロナが流行ってから周りがリモートになりだしたんで、「このままみんながリモートになってくれたら、一般就職もできるんちゃう?」て考えています。そう思ってるサバイバーが多いと思います。

楠木
楠木

そうやね。逆にリモートではできん仕事の方が少ないような気がするんやけどね。個人的には、特に会議とかはもうリモートのほうが断然効率いいけどな。雑談とか変な挨拶とかいらんし。めっちゃ時間通りに終わるし。おかげで余計なことをはさまへんので、むっちゃ仕事しやすいし。これでいいと思うんですけどね。きっとみんなそれに慣れてくるんちゃうかなと思うから。

さき
さき

講演会も(出向いて)行かなくていいんですね。

楠木
楠木

そやな(笑)

ゆりあ
ゆりあ

家からできるし。

さき
さき

先生も最近よくZoom で、講演会…。

楠木
楠木

まぁ正直、Zoomで講演会というのも結構寂しい(笑)
やっぱり人に教えたりとか、喋るとかいうのはリアクションあってのことやったりとかするからね。当然、種類にもよるけどね。学校の授業とかは微妙なとこやね、あれは、どっちがいいとか難しいとこやね。

さき
さき

でも入院してたら、学校ともみんなとも繋がれるし、今は、講演会の情報とかもWi-Fiさえあれば仕入れられるんで。

楠木
楠木

そうやね。見る方はね。それはそうだよね。やっぱり両方あるのが1番いいよね。

さき
さき

学校もね。

楠木
楠木

そうそう。学校もね。

ゆりあ
ゆりあ

授業5分前に起きても間に合うっていう(笑)リモートのいいとこやね。
カメラオフやったらパジャマでも、頭ボサボサになっててもいいし。

さき
さき

ゆりあさんも、去年までの大学はリモートだった?

ゆりあ
ゆりあ

そうですね、私は大学4年生の1年間は全部リモートでした。まぁ4年生ってゼミぐらいしかないんであんまり『リモート授業』っていう感じではなかったけど、でもやっぱり時間きっかりで終わるし、友達とダラダラようわからん話するのもないし。「(キーンコン♪カーンコン♪)じゃ、またっ!」みたいな感じで終われるのが、やっぱり私は楽やったかな。
その分実習で、私の場合は保育園やけど、『現場に行く』ってなったときに、それまでずっと家に1人でおったのが子どもと会えたりとかっていうので、コントラストがハッキリしてて、「楽しいな!」って思うこともあったなー。
やっぱり状況に応じて両方がいいかなって個人的には思うけどね。体力の問題もそれこそ死活問題だったりするしね。

楠木
楠木

授業とか教える方としては、本当になかなか辛いですけど、教える方が技術をあげれば良い話だし、それこそ高校とか、スタディーアプリを夏休みの宿題にしたりとかしてるよね。「そんなんアリ?」っていつも思ってしまうけど、そのほうが効率的やし、教えるの上手な先生に教えてもらえるわけやから、そんでいいよな。そのあたりは教える側が頭を変えなあかんよね。教えにくいとか言ってる場合じゃないよね。

ゆりあ
ゆりあ

みんな1、2年目やからまだまだバタバタしてるだけで、これが5年10年たっていったら、みんなそれが当たり前みたいになってくるかなぁと思ってます。

楠木
楠木

そうやね、それでいいですよね。

今回はここまで。新しい時代の学び方、働き方は色々な人の溝を埋めるかもしれませんね。
次回はどんな話が出るでしょうか。
お楽しみに!

現在の活動

全ての子ども・若者が自分の人生を肯定できる社会を創るためTEAM NEXT GOALという活動をしています。
一番力を入れているのが、頑張りの輪を広げるための活動で、みなさんの『でも、頑張った』エピソードを募集しています。
こちらから、ご覧いただけます。

みんなのでも頑張った – NEXT GOAL投稿方法については、こちらから。
NEXT GOAL – でも、頑張った。
よろしくお願いします!