この度シャイン・オン!キッズが、小児がん経験者と今、入院している仲間も含めて交流できるサイトを立ち上げようということで「小児がんから繋がる」をテーマに「Shine On! Friends シャイン・オン!フレンズ」 という名前でウェブサイトをオープンしました!

小児がん経験者が持っているそれぞれの体験談や想いというのもサイト内で募集をしておりますが、企画の一つとして、小児がん経験者が、社会で何かの活動をしている小児がん経験者にインタビューを行います。

第1回目では、「入院中の過ごし方とそこから得たこと」ならびに「私たちの感染対策意識」につい伺いました。
今回はどんな話が伺えるのでしょうか?

プロフィール

楠木 重範(医師)
1974年生まれ。奈良県出身。
中学2年生のときに、小児がんの一種「悪性リンパ腫」を発症。合計約3年の闘病生活の後、治癒する。
1999年小児科医になり、大阪大学医学部附属病院小児科に入局。
2006年医療者、患者家族などと「がんになっても笑顔で育つ」をスローガンにチャイルド・ケモ・ハウス活動を開始。
2013年日本初の小児がんの子どもと家族のための家族滞在型療養施設を開業。
2021年7月チャイルド・ケモ・ハウスの活動を退く。
2021年8月全ての子ども・若者が自分の人生を肯定できる社会を創るためTEAM NEXT GOALを立ち上げる。

[サバ×サバ インタビュー第1回はこちら]

3.「勉強の仕方と向き合い方」

さき
さき

では、次の質問行っていいですか?
「多くの人が中学や受験の悩みがあり、体調管理や通院治療などと共生していく大切さを伝えたい」ということで、入院中や退院後に自分の体調と合わせてこういう勉強のやり方をやってきたとか、生活の仕方をこういう風に調整してきたよということがあれば教えて欲しいなと思っています。

楠木
楠木

勉強はまあ、体調悪かったらできひんもんね。 勉強って、それこそ寝不足でもね頭に入れるっていう作業だから。なんと言うかな、宿題するとかはさ、頭痛くても写すだけとかやったらできるけど、それって勉強やないやんか。作業してるだけやから。勉強って頭に入れて覚えたりとかが勉強だから。て考えたら絶対しんどかったらできひん。しんどい時はしんどいというのを正当な理由にして、全くしないということで諦めなきゃしゃーなかったかな。真逆にそれを理由にしないで出来る時にする。とは言っても宿題出たり学校のいろいろ課題があるじゃないですか。

さき
さき

はい。

楠木
楠木

僕、結構夏休みとかいっぱいあったけど、 そんなのははっきりいってバレてたと思うけど、全部ズルをして 数学の問題集あったとしたら 夏休みの提出するのの最初の方だけといといてばさっと飛んで最後の方だけ答えを書いて提出する。どうせ見てへんやろって出してたっていうのあったりとか。そうやってズルをしながらやっていたというのが正直なところです。

さき
さき

ズルですか。

楠木
楠木

まあそうですね。できひんのはできひんので、何のためにやっとるかって言うかさっき言ったように「提出するためだけにこなす『作業』をしているわけじゃない」っていうところを諦めてしまうしか。しんどい時はね。それが悪いことじゃないって言ったら変だけど合理的じゃないと思ってそうやってましたけどって感じかな。

さき
さき

中高生とかになったらみんな提出物とか試験とかに追われてると思うんで、そこらへんをみんなどうやってやってるんかなって言うのもお伺いしたいです。

楠木
楠木

そういうのももうだいぶ時代が違うからなぁ。一応友達がノートとってくれたのをコピーでもらったりはしてましたけど、汚い字だからあまり読めへんかった(笑)結構休んでると、ちょっと焦って学校に行ってしっかり勉強してたりする。授業中、自分がどんだけ集中して聞いてたかって言うと、そんなに集中して聞いてへんかったから。
僕はだからまあ、授業を聞くよりも家とか病院で見るから、「結局、効率あんま変わらんな」と思って楽観的にやってたし、今やったら『スタディサプリ』とかあるからいつでも勉強できるしほんまめっちゃいいなと思ってます。『学ぶ』っていうことだけで言ったらね。

さき
さき

ありがとうございます。ゆりあさん、何かありますか?

ゆりあ
ゆりあ

そうやね。体調悪くてとかどうしても 今日気が乗らないとか時とかもあるしなー。私も夏休みの宿題で読書感想文が一番嫌いで、3年間同じの出してたりとかしてたけど(笑)

楠木
楠木

すごいな!それはなかなか強者ですな(笑)

ゆりあ
ゆりあ

「絶対バレへんやろ!」と思って本の題名だけ変えて中身同じやつ出してた。

楠木
楠木

そうするんか!すごいな。それは賢いかもしれないすね。読書感想文は、僕は全部読まんと一部だけ読んで、一番印象残ったの繰り返すみたいのをずっと続けて、それ出してたって感じでした。もちろんバレバレやったけど。

ゆりあ
ゆりあ

読書感想文の課題図書って「読め」って言われた本じゃないですか。それって「興味湧かんわぁ」って思って。それはもう適当に書いて、あとは自分の興味のある本をまた別に読んでいた。

楠木
楠木

あんまりいい話はしてないけど、まあそんな感じ。

さき
さき

私はもう、ワークとかの答えを見て例えば答えが『織田信長』やったら、丸写しはバレるんで似たような名前を書いてた。

楠木
楠木

わざと間違えるパターンね。

ゆりあ
ゆりあ

みんな多かれ少なかれしてたんやね。(笑)

楠木
楠木

多分それはね、入院してなくても治療してなくてもしてるんですよ。

さき
さき

最近、もうしんどかったら割り切って昼寝してます。

ゆりあ
ゆりあ

それも大事やね。

 
[サバ×サバ インタビュー第3回はこちら]

現在の活動

全ての子ども・若者が自分の人生を肯定できる社会を創るためTEAM NEXT GOALという活動をしています。
一番力を入れているのが、頑張りの輪を広げるための活動で、みなさんの『でも、頑張った』エピソードを募集しています。
こちらから、ご覧いただけます。
 
みんなのでも頑張った – NEXT GOAL投稿方法については、こちらから。
NEXT GOAL – でも、頑張った。
よろしくお願いします!